体内時計とは

人間には約1日周期の体内時計があります。約1日というのは、体内時計は1日24時間ではなく、1日25時間だからです。

つまり、1日につき1時間ずつズレが生じるんですね。では、このレズをリセットするにはどうすればいいのか?

それは、朝起きたら、太陽の光を浴びることです。

朝起きて、寝ぼけ眼の頭が太陽の光を浴びることによって、「朝が来た!」ということを認識させるのです。

これによって、体内時計のズレをリセットし、すっきりと1日を過ごすことができます。

これは旅行や出張で海外に行った時に生じる時差ボケ対策にも使えます。とりあえず、初日はなんとか堪え忍んで、現地の夜の時間に寝て、現地の朝の時間に起きて太陽の光を浴びれば、体内時計が現地の時計にリセットされます。

体内時計についてもっと知りたい人には以下のサイトに分かりやすく書いてあります。

朝 起きられない、朝が弱い人が知るべき「体内時計」のしくみ

相互リンク募集中