×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

昼寝は悪くない!?

昼寝というと、なんだかマイナスイメージを持つ人が多いと思います。果たして、そんなに悪いものなんでしょうか?

本田直之さんの「レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術」には次のようにあります。

NASAの疲労対策プログラムでは、たった40分間の仮眠でパフォーマンスが平均34%、覚醒度は100%アップしたという結果が出ている。

     〜 中略 〜

日が高いうちに寝てしまっては時間の無駄?そんなことを考えるのは、想像力の乏しい馬鹿者だ。寝ることによって、失った時間以上のものを得ることができるのだから。1日で2日分をいきることになるのだから。2日は大げさだとしても、少なくても1日半は確実だ。

昼食後に15〜30分の昼寝は午後を集中力を高めて過ごすためには悪くないことなんですね。むしろ、良いことです。

もし、昼食後に眠気に襲われたら15〜30分くらいの仮眠をとってみてはどうでしょう。もちろん、昼寝は悪いことだという先入観は捨てた状態で!

相互リンク募集中